GMP IV

GMP IVは、多くの枝分かれが生じる珊瑚のような形態の生成を目的としています。花のように開いた触手や突起物などが南の海の生物を彷彿させます。これらの作品は展覧会[ Palmitem ]で展示されました。

 

このフェイズより、新しい方法を導入しました。当初より解決すべき課題になっていた「面の選択」にマテリアルの設定を用いるというアイデアは、自由かつ汎用性の広い方法に結びつき、それまでのGMPに無い複雑な形状を生み出しています。