OTHERS

3Dプリンティングは、CGを作る者にとって永らく待ち焦がれた技術です。画面の中に如何に精緻な世界を構築しても、それはバーチャルな世界であり決して触れることの出来ないものでした。それが今、現実に触れるものとして手の上にあるのです。

 

また、それはとても「補修」のような現実的な目的にも有効です。失ってしまった眼鏡の部品、壊れた照明のシェードのリニューアルやちょっとした部屋の飾りなど「ものを大事に使う」「自分好みの状態で使う」という生活へのシフトの手段でもあります。